会社紹介

沿革

90年を超える豊かな歴史と実績を有しています。

繊維の町であった泉佐野において、織機の横糸を通すシャトルの部品製造工場として1921年(大正10年)に創業。以来、時代が求める産業ニーズを実現すべく、常に新しい技術革新への挑戦を続けています。競争の厳しい製造分野において、品質と環境への積極的な設備投資を怠ることなく、お客様とともに、絶えず新しい製品の開発を図り、高品質と安定供給を実現しています。

1921年4月岡井松次郎、泉佐野市野出町にシャトル部品を目的として創業
1941年12月企業整備法により株式会社泉南鉄工所と合併
1950年6月泉佐野市野出町において岡井一男が個人経営により営業を開始
1965年4月泉佐野市中庄に工場建設
1985年11月泉佐野市鶴原に現本社工場を建設
1988年1月資本金30,600千円に増資
1989年9月六角穴付きボルトJIS表示許可取得(許可番号598044)
1992年7月六角穴付きステンレスボルトJIS表示許可取得(許可番号589044)
1997年4月東京営業所開設
1997年11月FQA NVLAPに申請
1998年3月FQA表示認定取得(登録番号 200299-0)
2000年2月ISO9001認定取得(登録番号 JSAQ729)
2004年4月二色中町工場建設
2006年10月ISO14001認定取得(登録番号JSAE1276)
2018年11月二色南町工場建設
PAGE TOP